【河口湖観光】ハーブ庭園 旅日記/ふじさんデッキ

旅行

みなさんこんにちは!とーこーです!
前回の赤富士ワインセラーに引き続き,河口湖観光についてご紹介していきます!

■ ハーブ庭園 旅日記

「いや,ワイン以上に楽しめる人限られるやろ!」
と思ったアナタ!侮るなかれです…!

僕自身,大学時代にクイズ研究会に所属していたこともあって,
「このハーブ,名前しか知らんかったけど,こういう見た目してたんや!」
といった学びがあるといいなーと思ったのがきっかけでお邪魔したので,
最初は「視覚的に」楽しめればいいなーと思っていました….

ハーブ庭園 旅日記 エントランス
ハーブ庭園 旅日記

実際入ってすぐからいろんな形で植物が彩り鮮やかに育てられていて,
小さなビオトープのようなものもありました!

ハーブ庭園 旅日記 ビオトープ
ビオトープのようなかわいらしい水槽

さらに進んでいくと「カレープラント」なるものが….
カレー味のものが大好きな私としては,つい嗅がずにはいられず.

少し顔を近づけただけで,本当にカレーの香りがふわっと漂ってきて,
本当に衝撃的でした…!

最初にお出迎えしてくれるのが,こういった「みんなが共有できる,確実に記憶にある香り」という点は,
一緒に行く友人や家族との会話が弾むきっかけになるし,とてもいいなーと思いました.

ハーブ庭園 カレープラント
カレープラント.駄菓子の味カレーをふと思い出してしまう感じ.

ハーブ庭園を楽しむために「直接触ってみる」

そのあたりで奥の方からハーブ庭園のスタッフの方が来てくださって,
どういう風に楽しむのがいいか,少しレクチャーしてくださりました!

こちらの「ハーブ庭園 旅日記」を楽しむために,
ぜひ【ハーブはそのまま嗅ぐだけでなく,触っちゃってください】
とのことでした.

もうこれを聞いたときに,
(え?触っていいの…?)
と思わずキョトンとしてしまったのですが,確かに触ってみないと良さが十分に伝わらないハーブもたくさんあるようでした!

たとえばこの「ローズゼラニウム」もそうです.
ゼラニウム自体は,みなさんアロマオイルの成分表示などで見たことあるんじゃないでしょうか.

ハーブ庭園 ローズゼラニウム
ローズゼラニウム.こんなに葉っぱ小さいんやなーと思いながら指でゴシゴシ.

「アロマオイルと同じ香りがとれるんやろか」
と言いながら直接顔を近づけても,今ひとつ香りがよくわからず.

そこでスタッフの方から教えていただいて,
「指でつまんで,ちょっとゴシゴシ.その後,指先を嗅いでみる」.
すると,本当に驚くほどはっきりとゼラニウムの香りが感じられて,

「あー!これや!いつもアロマオイルでええなあと思うやつやー!」
と思わず大きなリアクションをとってしまいました.笑

また,ハーブって香りだけじゃないのです….
一瞬でその触感に惹き込まれるものもあって,それがこの「ラムズイヤー」です.

ハーブ庭園 旅日記 ラムズイヤー
ラムズイヤー.他のハーブよりもこころなしか葉が厚く,表面が白く感じる.

実際,指で軽くつまんだ瞬間に「えっ?!」と声が出てしまいました
このハーブ,葉がとてもふわふわで触り心地がいいのです….

ラムズイヤー,その名の通り「羊の耳」という意味で,
すっごくふわふわとした葉っぱの触感が心地よかったです.

平日にお邪魔したからか,たまたまスタッフの方とすぐにお話することができ,
貴重な体験をすることができました…!

温室の中にはまた違った種類のハーブ

いろんなハーブを楽しながら歩いていると,奥の方に温室が見えてきます.
こちらも中に入って楽しむことができるということだったので,お邪魔してみました.

また別のスタッフさんが中を案内してくださって,
「名前が有名」「特徴がある」といったポイントがあるハーブをメインに紹介してくださりました.

そこで思ったのが
(お料理に使うハーブって,本当にその葉っぱしか今まで見たことなかったな)
ということでした.

中を回るうちに
「あ!このハーブ,こんなきれいな花を咲かせるんですね!」
といった驚きと発見がありました.
こういった,お料理に使うハーブとかだと
「あ,見たことある」「聞いたことある」の割合が高くて,みんなとの共通の話題にいい
ですよね.

また,中には大きな池があったりと,先ほどまで外で見ていたハーブと異なる種類のものも見られて,とても楽しかったです.

ハーブ庭園 温室
温室の中の池.こんなに大きな規模のものが,温室の中に?!という驚き.

■ 光と雲の展望台 ふじさんデッキ

ハーブ庭園の敷地内に併設されている展望施設,それがふじさんデッキです.

温室を出て少し丘になっているところを坂道を通って登っていくと,すぐに到着します.
もうその高さから見るだけでも富士山がとてもきれいで衝撃を受けました.

また,デッキ部分に「幸せの鐘」と呼ばれるものがあり,鳴らす回数で祈念するものが変わるとのことでした.
一応このブログのコンセプトにあわせて,「健康」を願って1回鳴らしておきました.笑

ふじさんデッキ 幸せの鐘と富士山
ふじさんデッキ.幸せの鐘の奥に富士山が顔をのぞかせています.

また,中に入るとさらに高い位置から富士山を眺めることができます.
中に入って,カフェ「コノハナサクヤカフェ」の名物である「プレミアムふじさんソフト」をいただきました!

お邪魔した時期が6月下旬だったこともあり,もう富士山は冠雪もなく夏模様だったのですが,
この「プレミアムふじさんソフト」は冬仕様でバニラ味の冠雪が積もっています.
分量も多すぎず,ちょっと休憩がてらいただくといい感じです!

ふじさんデッキ サクヤコノハナカフェ プレミアムふじさんソフト
プレミアムふじさんソフト.夏と冬の富士山のコラボ.

旅行中ずっと天気が悪かった…という方こそ,展望台へ!

「展望台って,天気が悪くて富士山見れないなら行く意味がなくない?」
と思われるはずですが….ここであえての展望台です.

中にプレミアムギャラリーがあり,富士山や樹海をメインに扱う写真家 大山行男氏の写真が展示されています.
「せっかく富士山の近くまで来たのに!きれいに見れなかった!」
という方こそ,このギャラリーでいろんな表情の富士山を
見てみてもらいたいです.

そもそも行く季節や時間帯によって,富士山が見せる表情ってある程度決まってしまうと思うのですが,
このギャラリーでは
(ああ,こういった美しさもあるんだな.富士山には)
と,今までに知らなかった富士山の他の顔を見ることができます

ぜひお天気に関係なく,足を運んで楽しんでみてもらえたらと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました